MENU

環境への取り組み

Environmental Initiatives

人に、地球に、環境に、そして未来に。
ユニフォームで貢献できることを実践。

原料づくりや生産過程で人や環境に負荷をかけていないか。
それは地球や、未来を生きる人たちにとっても心地良いものであるかどうか。
この考えからいち早く実践されてきた私たちの取り組みは、国連が採択したSDGsの目標とも重なり、未来の新しい幸せづくりに貢献するものとなっています。資源のこと、環境のこと、気候のこと、子どもたちの教育のこと、私たちはこれらの取り組みを継続し、より良い社会を目指します。

ISO14001 JQA-EM0451
環境を保護し、環境パフォーマンスを
向上させるためのマネジメントシステム規格

ISO14001は環境マネジメントシステムに関する国際規格です。社会経済的ニーズとバランスをとりながら、環境を保護し、変化する環境状態に対応するための組織の枠組みを示しています。

住友商事グループでは、複数の会社が同じ環境方針の下で環境活動に取り組み、ISO14001の統合認証を取得しています。住友商事グループは、400年の歴史を通じて、産業の発展と地域社会や自然環境との共存に力を注ぎ、事業活動を通じた環境保全に取り組んでいます。これからもISO14001環境マネジメントシステムを活用した環境管理を行い、事業に伴う環境負荷の低減および事業を通じた環境改善への取り組みを推進していきます。

SDGsとは。

Sustainable Development Goals

国際社会のあらたな目標SDGs。
モンブランは、いち早く取り組んでいます。
貧困や飢餓と食料、水と衛生、教育、ジェンダー、気候変動など、世界の人々はいま大きな問題に直面しています。こうした地球規模の問題に取り組むため、国連は持続可能な開発目標SDGsを2015年に採択し2030年の達成を目指して、17の目標とそのゴールを設定しました。これは、人と地球の新たな幸せをつくりだす目標であると私たち住商モンブランはとらえ、「誰も置き去りにしない」という共通理念のもと、さまざまな課題へと取り組んでいます。国際社会の一員として、地球に暮らすひとりひとりの幸せのためにユニフォームメーカーの私たちができること。例えば、環境配慮型素材「オニベジR」の開発や、PETボトル再生繊維、広域認定制度、カーボンオフセットの活用などは、いち早く取り組みをはじめ継続しています。2030年の世界が暮らしやすく、人々が大切にされる場所であることを願い、SDGsの目標達成へ向けて社員ひとりひとりが熱い気持ちとともに行動しています。

PETボトル再生繊維

ECO

PETボトルからつくられた
再生繊維のユニフォーム。

モンブランでは、効率的な資源の利用を積極的に進めており、使用済みPETボトルの再生繊維を使用した「エコマーク」対象商品を多数ラインナップしています。「エコマーク」は(公財)日本環境協会が環境への配慮がされた商品と認めた製品にのみつけられます。
このマークの製品は認定基準であるPETボトル再生繊維を50%以上使用した環境に優しいユニフォームです。

PETボトル再生繊維のメリット
  1. 使用済みのPETボトル再生繊維を使用し、環境保全に貢献しています。
  2. グリーン購入法に対応しています。(グリーン購入法対象品)
使用済みPETボトルから
ユニフォームができるまで
  • PETボトルを
    回収します。

  • 複雑な工程を経て、
    純粋なPETフレークや
    ペレットを精製します。

  • PETフレークや
    ペレットを溶融し、
    紡糸します。

  • 衣料用の再生
    ポリエステル糸に
    します。

  • さまざまな用途の
    ユニフォームになります。

カーボンオフセット

CARBON OFFSET ™

CO₂削減のための積極的な取り組み。

自助努力ではどうしても削減しきれないCO₂等の温室効果ガスを、他の場所で行われる温室効果ガス削減活動に投資することで、相殺・埋め合わせ(=オフセット)するという取り組み。この仕組みを活用し、温室効果ガスの削減を進めています。

オフセット対象

温室効果ガスは、材料調達から製品製造・輸送等、一連の工程におけるさまざまな場所、段階で発生しています。

導入によるお客様の3つのメリット
  1. 地球温暖化防止への貢献
    効果的なCO₂削減対策への参加。
  2. 企業のイメージアップ
    環境に責任ある企業であることをアピールでき、他企業との差別化・プランディングに。
  3. 社会教育・環境保全意識の喚起
    省エネや環境保全活動への取り組みを理解してもらうきっかけに。

広域認定制度

着なくなったユニフォームを
回収・リサイクル。

環境大臣の認定を受けた製造メーカーが広域的に使用済み製品の回収・リサイクルを行う際、各地方公共団体毎の廃棄物処理業の許可を不要とする特例制度です。使用済みユニフォームの適切なリサイクル処理を行うことが可能です。

広域認定制度活用のメリット
  1. 使用済みユニフォームの適切な回収、リサイクルが行えます。
  2. 使用するユニフォームにエコマーク認定(回収エコマーク)が受けられます。